学科案内

滋賀県済生会看護専門学校の学科案内です。

定員

看護第2学科(2年課程)1学年40名 定員数80名
>> 看護専門学校の学生募集要項については「看護第2学科 入試案内」のページをご覧ください。

教育目標

  1. 看護専門職者としての基本的態度と倫理的判断能力を養う。
  2. 人々の多様な価値観を尊重し、人間関係を築く能力を養う。
  3. 科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  4. 保健・医療・福祉チームにおける看護の役割を認識し、実践できるための基礎的能力を養う。
  5. 専門職者として自己研鑽に努め、看護の質の向上を目指す態度を養う。

カリキュラム

看護第2学科カリキュラム

区分 教育内容 科目
基礎分野 科学的思考の基礎
  • 教育学
  • 論理学
  • 情報科学
  • 人間工学
人間と生活、社会の理解
  • 心理学
  • 現代社会学
  • 社会学
  • 外国語Ⅰ(英語)
  • 外国語Ⅱ(ポルトガル語)
  • スポーツレクレリエーション
専門基礎分野 人間の構造と機能
  • 解剖生理学Ⅰ(筋骨格系、循環器、呼吸器、泌尿器・生植器、内分泌、神経系)
  • 解剖生理学Ⅱ(細胞、血液、リンパ、生態防御、栄養代謝、体温調節)
  • 生化学
  • 栄養学
疾病の成り立ちと回復の促進
  • 病理学
  • 疾病論Ⅰ(呼吸器、消化器・内分泌系、血液・造血器系)
  • 疾病論Ⅱ(脳神経器、運動器系、腎・泌尿器系)
  • 疾病論Ⅲ(循環器系)
  • 薬理学
  • 微生物学
健康支援と社会保障制度
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉学
  • 関係法規
専門分野Ⅰ 基礎看護学
  • 基礎看護学概論
  • 看護倫理
  • 看護研究
  • 基礎看護学援助論Ⅰ(コミュニケーション、感染、記録・報告、看護過程)
  • 基礎看護学援助論Ⅱ(フィジカルアセスメント、スクリーニング、環境)
  • 基礎看護学援助論Ⅲ(検査・与薬・救急処置)
  • 基礎看護学援助論Ⅳ(清潔、衣生活、食・排泄、活動・休息)
臨地実習
  • 基礎看護学実習
専門分野Ⅱ 成人看護学
  • 成人看護学概論
  • 成人看護学援助論Ⅰ(消化機能、循環機能障害時の看護)
  • 成人看護学援助論Ⅱ(脳神経機能、運動機能、身体防御、感覚機能障害時の看護)
  • 成人看護学援助論Ⅲ(呼吸機能、内部環境、性機能障害時の看護)
  • 成人看護学援助論Ⅳ(終末期の看護)
臨地実習
  • 成人看護学実習
老年看護学
  • 老年看護学概論
  • 老年看護学援助論Ⅰ(高齢者に多い疾患の治療、検査)
  • 老年看護学援助論Ⅱ(健康障害を持つ高齢者の看護)
臨地実習
  • 老年看護学実習
小児看護学
  • 小児看護学概論
  • 小児看護学援助論Ⅰ(子供に特徴的な疾患・治療・検査)
  • 小児看護学援助論Ⅱ(健康障害を持つ子どもと家族の看護)
臨地実習
  • 小児看護学実習
母性看護学
  • 母性看護学概論
  • 母性看護学援助論Ⅰ(周産期の経過・新生児の生理と異常)
  • 母性看護学援助論Ⅱ(周産期・新生児の看護)
臨地実習
  • 母性看護学実習
精神看護学
  • 精神看護学概論
  • 精神看護学援助論Ⅰ(主要精神疾患の治療・検査)
  • 精神看護学援助論Ⅱ(精神障害をもつ人の看護)
臨地実習
  • 精神看護学実習
統合分野 在宅看護論
  • 在宅看護論概論
  • 在宅看護論援助論Ⅰ(在宅療養者と家族の看護)
  • 在宅看護論援助論Ⅱ(在宅療養者の看護技術)
臨地実習
  • 在宅看護実習
看護の統合と実践
  • 看護管理(管理、国際看護)
  • 医療安全
  • 災害看護
  • 総合看護技術
臨地実習
  • 総合実習

在校生より
卒業生の声

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜17:00)

電話番号:077-553-7002